• ホーム > 
  • 松山市の魅力(交通)

充実した公共交通。

人口約50万人、四国最大の都市松山は、交通機関の充実度でも群を抜いています。空港利用者数は四国最多。伊予鉄道の電車・バス網も充実しており、市内の至る所へ気軽に行くことができます。また、市街地の移動にはレンタサイクルも便利。松山駅前・大街商店街・松山城ロープウェイ東雲口駅舎・道後温泉駅前で利用できます。

四国の空の要衝「松山空港」

四国で最も利用者の多い空港であり、松山市街地からも近く利便性抜群。高知方面からの連絡バスもあり、四国で唯一、複数の国際定期路線が就航しています。松山市空撮

鉄道網の要は伊予鉄道松山市駅

松山市街の中心に近い伊予鉄道松山市駅。ここから伊予鉄道の郊外線が3方向に発着しているほか、市内電車の拠点停留所にもなっています。 松山駅

充実したバス路線。

路線バス
伊予鉄道の路線バス網が市内各地を結び、市民の足として活用されています。また、宇和島、大洲、久万高原、今治、西条、新居浜などの県内各都市へ向かうバス路線も開設されています。

高速バス
松山自動車道やしまなみ海道を利用した高速バスが、伊予鉄道、JR四国バス、宇和島自動車により多数運行されています。

路面電車
松山市街を通る路面電車は、市民の通勤通学の足として活躍しています。路線バス、高速バス

発展する道路網。

松山市中心街には、国道11号、国道33号、国道56号、国道196号が通り、交通の拠点となっています。また、松山自動車道インターチェンジが市の南部にあり、自動車交通の要所となっています。

海洋交通の要所。

瀬戸内海に面した立地を活用した海洋運輸路線も充実しています。本州や九州、離島を結ぶ航路をはじめ、四国最大の工業港として、多数のコンテナ貨物船も就航しており、四国一の規模となっています。松山観光港